2006年04月16日、ワーホリでシドニーイン!!そこからの俺のオーストラリアでの約1年間を書き込んでいく!!! ダンスもしてるから、現地で出会ったダンサーとの交流も! 後悔しない1年を突っ走ろう!!


プロフィール

HIROKI HORI

Author:HIROKI HORI
1983年6月17日 B型
新潟県燕市で生まれ、上越、黒川と引越し、小学校6年から高校まで燕市で育つ。
大学は東京の八王子へ。専攻は初等教育。

大学を卒業し、前から興味のあった、海外へ行くことに。目標は英語と、経験、新たなことへの挑戦。さらに、自分の将来のことをもっと考えたいと思い、渡濠を決意。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



登録ツールズ+



FC2カウンター



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キングスキャニオン、カタジュタ、ウルル編
ここからまた新しいツアーになるから、メンバー、ガイドが変わる。
初日からの5人は一緒で、他にも何人か加わった。

ガイドは、4~6日目でもう一台のバスのガイドだったバート。
かれもクレイジーっていうか子ども。。。
水鉄砲を常に携帯して、バスの中であろうと、外だろうとかけまくってきて、子どものようにはしゃいで、大笑いする奴だ。

結論から言うと、バートのおかげで、最後の3日間がかなり楽しいものになった。


さあいよいよ、あっちの方に向けて出発!!
すぐに着くと思ったら、5、6時間かかるっぽい。結構遠いんだね。

休憩ポイントには野生のモモイロインコがたくさん!!!
鳥好きには分かるよね?この興奮が!そのほかにも、オカメもいたし、こっちには、キバタンも普通に飛んでるし、ゴシキセイガイインコもいる。なんか野生のものを見るのは初めてだったから、本当の姿はこうなんだって思った。
ちなみに日本で買ったらウン十万円・・
更に途中には、ソルトレイクもあり、名前の通り、塩の湖。一面真っ白で、それがあんなアウトバックの中にあるとまた異様な光景だ。
モモイロ

オカメ

ソルトレイク↓
Salt Lake



ANYWAY、
そして、走ること、数時間、それはいきなり現れた、そうウルル
正直、写真で何回も見ていたし、どんなものかも大体想像がついていたので、どれほどのものか、期待していいのか、とか、色々考えていたが、実物はそんなものじゃなかった。

まずあの迫力。山じゃなくて、アレが岩なんだと思うとすごい。
そして想像以上にでかい。
迫力がなんともいえない。そのなんともいえない雰囲気が迫ってきて、まさに迫る力、迫力。

でも、この日の目的地はキングスキャニオン。
いまいちそこがどんな所なのか分からなかったが行ってみると、岩の壁がたくさん。しかも垂直に切り取られたように、キレイにまっすぐ。
他の景色も、殺風景な感じの中に岩山や木が生えていて、そのなんともいえない感じが良かった。
あの某映画、ドラマの撮影場所。見たこと無いから分からないけど、ウルルも使ってたらしいけど、場所はここ。まあそんなことはいいんだけどね・・・。

ここを、3時間半くらい歩き、この日は移動時間が長かったので、ここまで。キャンプに戻る。
Kings Canyon1

Kings Canyon2



7日目はカタジュタ、ウルルサンセット。
カタジュタはウルル以上に気になっていたところ。
ウルルが大きな一つの岩だとしたら、カタジュタは何個も大きな岩があり、アボリジニの言葉で、カタジュタは「たくさんの頭」って言う意味。その通りに、何個も頭があるように大きな岩がある。
遠くから見た感じは、異様な感じがした。ガイドの子どもバートがどうして出来たかを解説してくれた。
その出来方もすごい。

そして実際近くに着くと、デカイ・・。
ここは、ナウシカのモデルになったって言われているところだけど、本当かどうかは分からないが、あの風の谷に似てるっていったら似てるけど、もちろんそれ以上。

今回歩いたのは「風の谷」への道。
そこは本当に行きたかったところだ。
途中には、世界で2番目に多きいいトカゲに遭遇。
写真には取れなかったが、ビデオにはしっかりと!

周りのデカイ赤茶の岩の谷の間を歩くのは気持ちがいいし、自然の力が伝わってくる。
そこを歩いて1時間弱。
そこは想像以上に良かった。前から、写真とか、どういうのか、とか一切聞いていなかったからなおさらかもしれない。

その赤茶の巨大な岩の谷の間から、ずーっと遠くの地平線までの景色と、下に広がる草原、木、岩の景色が一望できる。ただ一望できるだけじゃ無く、岩の谷の間から見えるのが最高だった。谷の間からの風が気持ちよかった。
風の谷っていう名前なのも分かる。

もっとそこに居たかったが、ウルルのサンセットのため、跡にすることに。(これがツアーの弱点かな。。。)
Kta Tjuta1

Kata Tjuta2

Valley of the Winds



そして、そのままウルルのサンセットポイントへ。
そこは、もうサンセットを見るように造られた場所で、たくさんの観光のバスがいた。もちろん人も。

そこで、ウルルのサンセットを見ながら、シャンパンをみんなで飲んだ。
サンセットはくもが多かったけど、雲の間から夕日が当たると、ウルルがより赤くなって、ウルルがライトアップされているようになる。
そこからは、暗くなるのは早い。徐々に暗くなっていき、もう見えなくなるもの早かった。
最後には雨が降ってきたから、ギリギリだったのかな。

そしてこの日は、外で寝た。
途中雨が降ってきたけど、そのまま寝てしまった。

9日目。朝起きると、まだ暗く(まだ朝の4時半!ウルルの朝日を見に行くため。)つきと、雲がいい感じに見えて、何だか不思議な朝だった。

眠たい体を起こし、準備して、サンライズへ。
そこも人がたくさん・・。
日の出前は、真っ暗の中にかすかに雲が明るくなって、ウルルの影が見える。それは、サンライズより、俺は好きだった。

サンライズ後、ウルルを歩いて周るか、登るか選べたんだけど、俺は歩く方を選んだ。

この日は登れたんだけど、キングスキャニオン、カタジュタを歩いて見て、歩く方がいろんな景色を見れると思ったから。
上から見る景色はもう見てるし、と思ってそう決めた。
色々、問われるところだけど、俺は正直分からない。
特に日本人に「聖地」っていってもピンとこないのが事実だと思うが、理解しようとする心は大切だと思う。
俺は、博物館も言ったんだけど、もっとその文化について知ろうと思っていた。

結局は本人が決めることだしね。俺は、何にも考えないで、登る以外はいいと思う。


そんな感じで、俺は歩いた。
初めはみんなで回ってたんだけど、一人でゆっくり色々考えながら周りたかったから、みんなから遅れて一人で周ることにした。

ウルルは確かに1枚のでっかい岩なんだけど、違う角度から見るとまったく違うくみえる。同じ景色はまったく無かった。
意外と穴だらけだし、崩れているところもある。
歩いていると色々発見できるから面白い。

滝の跡もあるし、崩れかけているところが、鳥の巣になっていたり。その大きさと迫力ももちろんすごいけど、そういう細かいところもいろいろ考えられてよかったかな。

途中少し岩に登ってみた。岩は、いくつもの岩が固まって、この大きさになったって言うのが良く分かった。

歩き出して3時間。まだ1周しない。みんなもまったく見えないから少し焦りだす・・。

まだか?と思いつつ、ゆっくり周った。
そしたらみんな発見。たぶん待った人は30分以上待ったと思う。。SORRY GUYS!

そしてみんなで、壁画や、ウエーブロックをみた。
ウルルにもあんなきれいなウエーブロックがあるのはビックリ。どうして出来たかは聞こえなかったが、不思議な感じだ。
本当に波のようになっている。サーフのような部分まであるし。

そして、もう少しだけあるき、これでこのウルルも最後になった。
Uluru1

Uluru

uluru

ウルルのウェーブロック↓
uluru wave rock

ウルル サンセット↓
Uluru sunset



車でアリスまで戻りバッパーへ。
バッパーに戻ると、なんと見たことある人が、ダイだ!!!
彼は前にも書いたけど、ケアンズにいるときに、会った、自転車でオーストラリアを周ってるクレイジーなやつだ。(ケアンズの日記参照)

このツアー中もちょくちょく思い出していたりしたから本当にビックリ!まさかこんなど真ん中で再会するなんて!
彼と少し話し、翌日から、ウルルに向け出発するらしい。
本当に気をつけて、そしていい経験して、また再会して語りあおう!!頑張れ!


そして、夜はみんなでパブへ。
特に初日からいた5人はもうファミリーだった。

みんな元気で!そしてこれからも楽しんで旅をしよう!!!
またいつか、どこかで再会しよう!



この日もアリスで1泊して、午前に、ツアーメンバーだった人達を見送り、午後は一人で街をまわる。
特にアボリジナルアートギャラリーを見て周った。やっぱり気になるのはディジュリドゥで、ものによって音も違うし、雰囲気も違う、これはいつか買おう!

その後、カナナラで知り合い、途中ツアーも一緒だったヒロ君のバッパーに行き、少し話す。そこで、見たことある外人発見!このツアーの休憩で立ち寄ったところでいた人だ。しかも自転車で回っている人に間違いない。

早速話しかけ、俺の友達の自転車で回っている、ダイの話で盛り上がる。彼の友達と、ダイは1日一緒に周ったらしい。
こういうつながりも本当に面白いね。
なんか旅って感じで。

そして、夕ごはんをずーっと一緒だったマサととり、急いで出会帳を書いてもらい、午後7時45分のバスでカナナラに戻る。

楽しかったツアーもおわり、なんだか、小学校の時の遠足後のように、終わってみると、もうそれが、結構前のことのように感じてしまう。
でも、あの9日間の衝撃と経験は本当に最高だった。
お金は確かにたくさん使ったが、それ以上のものは確実にあったと思う。
これからもいろいろ周って、いいものたくさん見たいな。

今度は、自分の車で回ってみたい。



そして、今はカナナラ。。バッパーに戻ると、いなくなっている人もいるけど、懐かしいメンバーが・・。
そういう再会もまたいいものだね。なんか、カナナラが拠点になっている・・・。
そして、前よりも暑くなってる・・・。
しかもマンゴー遅れてて、まだそこまでシーズンじゃないみたい。何で、ゆっくり仕事を開始しようかな。


そんな感じで、しばらくはまたファームの生活に戻る。
その後の西側の旅に向けて!!!


ではまた、SEE U LATER ALLIGATOR!!



スポンサーサイト

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ


ダーウィン~アリススプリングス編
ダーウィン1泊後、そこからアリススプリングスっていうオーストラリアのど真ん中の町へのいどう。

その間に立ち寄るのは、3日間で、キャサリンゴージ、マタランカ、デヴィルズマーブルの3つのみ。そのほかは移動の時間。
それだけ離れてるってこと。一日700㌔の移動。

この日から新しいドライバー、メンバー。あまりにも大所帯でビックリ。バス満杯・・・。23人。しかももう一台バスがあるから合計43人。。。最初は遠足みたいで楽しかったんだけど、ランチの時間は、ひどい・・。ランチ待ちの列が長すぎて、しかも、最後の方の人はもう食材が無くなって、ほとんど食べるもの無くなってるし。。。
まるで、配給待ちのようだった。。

最初のキャサリンでは、渓谷奥の景色を見たり、川で泳いだり。でも、川の泳げる範囲が決まっていて、それより先は、クロコダイルが出る。
そんな中で泳ぐのもまた最高。

4日目はここのみ。
キャンプでの夕食はまた並ぶんだけど、この日の星空は、今まで見た中で一番綺麗だった。

AUSでは結構な頻度でミルキーウェイ(日本で言ったら、天の川)が見えるんだけど、この日のミルキーウェイは本当に綺麗。
もう星だらけ。。その下で、色々な人と話したりした。



5日目、マタランカに向け出発。
マタランカは自然の温泉。水はぬるいって聞いていた。
そこに着くと、周りはジャングル。いつも見るユーカリの風景とは全く違う。そこに、温泉がある。
温泉は、人の手が加えられてて、手すりとか、階段とかあったけど、それでも気持ちが良かった。

においもしっかり温泉(硫黄)。外人は硫黄のにおいを知らないのか、「コウモリの糞のにおい!」(周りには無数のコウモリがいた)っていっていた。

あがると寒いから、ずーっと入っていた。

Matalanka




その後は、ひたすら移動。。。。



6日目は結構行きたかった、デヴィルズマーブル。
写真で結構見てるけど、実際の風景画すっごく気になっていたところ。
そこは、ずうっと「何で、こんなものが、ここに!?」って思っていた。

近くからも良いけど、俺は遠くからみた風景も好き。何にも無いところに、いきなり、あの岩の大群がある光景はなんとも奇妙だった。

押してみたけど、やっぱり動きはしなかった。

Devils Marble1

Devils Marble2


そのごも移動をすること、長いこと、ようやくアリススプリングスに到着!結構でかい街。この日は、みんなでパブへ!
お酒が入るとみんなさらに面白くなるから、楽しかった。

Tour member in AliceSprings



次の日からはいよいよ、ウルル、カタジュタ、キングスキャニオンへ!!


次へ続く・・。  


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ


CLOUD9 ツアー!カカドゥ、リッチフィールド編
2つ前から続いてるものだから、そこからチェックヨロシク

さあいよいよ待ちに待ったツアーがやってきた。
あさ5時半に起きて、集合場所へ。

まず最初の3日間は「カカドゥ、リッチフィールド
次の3日間は「キャサリン、マタランカ、デヴィルズマーブル→アリススプリングス
最後の3日間は、「ウルル、カタジュタ、キングスキャニオン
というもの。

肝心のメンバーはグレハンで一緒だったマサをはじめ、そのほかの旅行者あわせ16人。始めは、そこまで会話は無い。。


この日はカカドゥ。ここは世界自然遺産だから知っている人も多いはず。ちなみに俺は、何があるのかは知らなかった・・。

4WDのトラックのような車で走ること2時間。まずは、マリーリバークルージング。
ここでは初めて、野生のクロコダイルの全身をみた。かっこいい・・。
Kakadu croc


このクルージングが終わる頃には、みんな話し出していい感じ。


そのご、更に車を走らせ、滝に。
そこでは思いっきり泳いだり、飛び込んだりした。やっぱ自然は最高だ。
そこには川の隣に丸い穴が開いていて、一見そこに水がたまったように見えるけど、隣の川と水中で繋がっていて、行き来が出来るようになっている。そこは面白かった。
Rock Hole


ガイドの人は本当に面白くて、日本語で「クソ熱い」とか言いながら歩いてるし。飛び込むときも、結構高さがあるのに、いきなり頭からいくし。みんなから「クレイジー」って言われるのも無理は無い。

そして、帰りに車がパンク。。。。
そんなトラブルがまた楽しかったりする。その場でタイヤ交換。


この日は、これでキャンプにもどる。
カカドゥは半端なくデかく、ポイントからポイントまで、かなりの移動時間がかかる。
なんで、一日に何個も見にはいけない。


翌日はツインフォールとジムジムフォールに向け出発。
ところが、そこまでの道のりがすごい。川を車でわたらないといけなかったり、道がずーとかなりのでこぼこ道。結構高い車の天井に頭を打つくらい跳ねるときもあるくらい。

そんな道を1時間弱走り、そこからは船&歩き。
岩場を歩くこと、2、30分、音が近づいてくるのを感じながら、林の影から、滝はいきなり現れてきた。
それと同時に一面の真っ白い砂浜!!

山のかなり奥なはずなのに、まるでビーチのような綺麗な真っ白い砂浜。始めはあまりにも綺麗だから人口かと思った・・・。
さらに、水はイエローからエメラルドグリーンへのグラデーション、隣には2本の滝。

ここは本当に衝撃的だった。なんにも知らないで行ったからなおさらだった。本当に「楽園」だと思った。

ここでは泳げなかったけど、見てるだけで十分。ここは今でもベストポイントかな。
↓この白い砂浜、本当に最高だった。幻想的なまさに楽園。
Twin Fall 1

Twin Fall 2

Twin Fall 3


その後、またアノ道を戻り、またあのような道を行き、そこからまた歩くこと3、40分。
今度はジムジムフォールに到着。

乾季で、滝こそ枯れていたものの、高さ150mの滝つぼに貯まった、エメラルドグリーンの水は本当に綺麗だし、その150mの壁が、丸く、その水を取り囲むようにそびえ立っている。

滝までやく100m、俺は一番に泳いで行き、まだほんの少し流れてくる水が気持ちよかった。


ツインもジムジムも行くまでが結構大変。でも、その大変さが、着いたときの感動をより大きいものにしてくれるのは間違いない。


そして、ここでもクレイジーなガイド、アンディが「ヒロ!ここから飛び込むぞ!」
って。。。高さ約13m。。そこに立ってみると、本当に高い!

でも水深30mって聞いてたから、まず大丈夫。
思いっきり飛び込む(もちろん足から)

水面に付くまでの無重力の感覚は最高!!
そこでもガイドは、頭から行っていた・・・。
JIMJIM FALL↓
JimJim


そこでランチも食べ、みんなでチルした。もうメンバーも仲良くなっていて、話も弾む。みんないい人で楽しい!


でも、2日間と3日間のツアーが一緒になってるらしく、2日間の人が大半で、残ったのは6人。明日はこのメンバーで回る。


この日はこのままキャンプへ。
このツアーはご飯がしかっりしている。夕食には必ず肉がでる。
ステーキも出る。カナナラで、具なしパスタしか食べていなかった俺には、本当に最高の時間だった。しかも毎回余るから、おかわりできる!!



3日目はリッチフィールド。
こっちは移動が楽。しかも、舗装されている。
そこにはたくさんの人がいて、カカドゥみたいに「着たぞ~!!」って感じはしなかった。

でもやっぱり滝で泳ぐのは気持ちがいい。
次の目的地もまた滝。
この3日間は本当に「滝で泳ごうツアー!」って感じ。

その2つ目の滝で、またまた、カナナラで一緒に働いていた、人、香港人と日本人にあった!本当にオーストラリアは狭いなー。
Litch Field

泳ぎ続け、移動し続けの3日間は疲れた・・・。
今日はダーウィンに戻って、バッパーで1泊。
夕食はツアーのメンバー6人でパブに行って食べた。
もう3日間も一緒にいると、ファミリーのような感覚になる。
そこには1人出来ている人はもちろん、夫婦がハネムーンで着ていたり。
色んな国の人とかかわれて楽しい。


明日も早起きなんだけど、みんな結構遅くまでパブにいたなー。
明日からはアリスイ行きのツアー。
また新しいメンバー、ガイドで、それも楽しみだ。



ダーウィン~アリススプリングス編へ続く・・。 



テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ


再開の街ダーウィン!&マーケット!
一つ前からの続き・・(そっちもチェックヨロシク。)

カナナラ~ダーウィンまでグレハンで移動。時間にして12時間。
ここを通るのは2回目。キャサリンにいたっては3回目。
カナナラから一緒に乗ってきた日本人と話す。
一緒のダーウィン行き。しかも、ツアーも俺が申し込もうかと思ってたやつと一緒。(その後も約11日間一緒になった。)

ダーウィンに着き、バッパーを予約。早速ツアー探しに。色々パンフレットを見たが、有名どころの「アドベンチャーツアー」という会社のクラウド9という、カカドゥ周辺から、アリスに下るまで、さらに、ウルル周辺が一緒になった、9日間のツアーに決定!
結構な値段がしましたよ・・・。

なんか、カナナラにいた時は、毎日すっごい節約してたから、お金使うのが怖い・・。って言いながら、その日になんとソニーのMP3プレイヤーも購入。

まじ、街は怖い。お金を使ってしまう・・。

そして、同じバッパーで偶然前一緒に働いていた、人に会った!ホント急にあったからビックリ!!(あとから分かることだけど、ダーウィン~アリスまでの3日間も一緒だった!)

そして、街を歩いていると、更に、またカナナラで一日だけ会った韓国人と再会!!なんかすごいねダーウィン。


そして、木曜日、待ちに待ったマーケット。
想像よりも活気があって、日本のお祭りみたいな感じ。
出店が何百個も出てて、俺は目当ての、タイパンツを2本購入!

そして、クロコダイルの肉を食った!前から食べたかったんだけど、無くて、この店には、クロコ以外にも、エミュー、ポッサム、バッファローなどなど、トライしてみたくなるものがたくさん。

焼き鳥みたいなくしになっていて、一本3ドル。結構高いから、俺はクロコだけに。味の方は、確かに鶏肉に似ている。でも鶏肉よりも全然うまかった。なんか歯ごたえがいい感じ。


マーケットにはジャンベ、ボンゴ系のドラム類とディジュリドゥを使ったバンドの演奏があって、かなりかっこよかった!
ディジュはアボリジニの楽器で、穴の開いた長い木の先から吹き、音を出すもの。ディジュはカナナラにいた時に、日本人の友達が結構やっていて、興味があった。あの音とかは、本当に独特。

その音と、笛、ジャンベの音が一緒になって、なんともいえない雰囲気だった。
思わず、その人たちのCDを購入。
聞いてみても良いけど、やっぱり、生の音のほうが良かった。


このマーケットはビーチ沿いにあるんだけど、ビーチも久しぶり。
やっぱり海は最高だね。

さらに、さらに、マーケットで、またまたカナナラで一緒に働いていたK君と再会!!ほんとにみんないきなり過ぎてビックリ!!
みんな元気でね!!


またまたさらに何だけど、マーケットからの帰り道、今度は、東のエアーって町で会った人とも再会!!
しかもその人の連れの人は俺の友達の友達!
「○○君知ってる?」「知ってる知ってる!!」

見たいな感じ。ホントダーウィンすげー。
こういう出会い、再開も旅の面白いところ。再開最高。

こういうときは、オーストラリアって小さいなって思う・・。


次はツアーの様子を!!

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。